アフィリエイトで成功するには、検索エンジン対策ではなく、訪問者の満足を考えるべき

就寝前のサテライト記事がこの本文なので、駄文がちになりますがご賞味ください。

 

アフィリエイトを始めた当初は、そりゃもう色々な事を考えていたわけですよ。

・タイトルにはキーワードをどれくらい含んだほうがいいのか?

・ジャンル毎にエイジングフィルターにかかる期間は違うのか?

・ブラックSEOをする場合、サテライト記事のジャンルはメインサイトに合わせたほうがいいのか?

・雑魚い中古ドメイン複数からリンクを送るよりも、質のいい中古ドメイン1つのほうが効果は高いのか?

・リンクを受けるメインサイトの器が大きくなっていないと、被リンクの効果は発揮できないのか?

・サイトを作成して日本語ドメインなら、エイジングフフィルターはどれくらいかかるのか?

・それが英字ドメインなら伸びるのか、縮まるのか?

 

この他にもたーくさん考えていました。

半年ぐらいはそうでしたね、ひたすらどうすれば最適なのか?

アクセスが伸びるのか、グーグルに捕食されないで済むのか。

 

でもね、結局これらって、訪問者の役に立つとか、人に評価されるとか、そういった悩みや施行じゃないわけですよ。

結局は私の気持ちや思考は、グーグルという検索エンジン、アルゴリズムに向いているだけで、アクセスしてくれる利用者には全く向いていないんです。

 

結局のところ、グーグルはかなり高度です。

高度すぎるアルゴリズムを利用しているので、もう機械と思わないほうが賢明なんです。

 

訪問してくれる人に価値のあるサイトとして認めてもらう。

そのことだけに力を注げばいいわけです。

 

分かりやすくかみ砕いて説明する。

客観的に見て、私以外の人でも理解してもらえる。

他のサイトには載っていないような、訪問者が探していた情報を考え、載せる。

 

そういった努力を積み重ねていけば、グーグルさんにとっての最適なサイトが出来上がるわけです。

アクセスがあって、ソーシャルで拡散されて、それをグーグルさんが評価するという感じです。

 

アフィリエイトを始めた当初は、グーグルに評価されてアクセスが上がってから、次に人に評価されるんだと思っていました。

検索エンジンに評価されてからアクセスが来るんだから、次の訪問者の方に価値を提供できれば、対価として報酬が得られるんだと信じて疑わなかったわけです。

 

でも最近思うことは、全く逆です。

訪問者に価値を提供できるような、評価してもらえるようなサイト、コンテンツを作成することによって、検索エンジンに評価されます。

そしてその評価が積もって、アクセスが増えていき、コンバージョンするわけです。

 

つまり当初考えていた、アクセスを貰うには検索エンジン、つまりグーグルさんに向くというのが、大きな間違いだったわけですね。

訪問者の人にとっての価値のあるコンテンツを作成することが、グーグルさんにアピールするということと同じだったわけです。

 

それからは特に何も考えていないですね。

タイトルだって、訪問してくれる方が分かりやすいようにつけようって思うだけで、キーワードうんぬんは考えていません。

もちろんドメインの色を強くするような小規模サイトなどだったら、あえてこのキーワードを多用するといった事はありますが。。。

 

見出しだって、SEOのためにつけるわけじゃありません、太文字だって、色文字だって、画像だって。

結局は利用してくれる人が分かりやすいように、伝えたい思いが伝わりやすいように使うだけです。

 

カテゴリー別に区切るのだって、結局は訪問者の人のためです。

だからこそ、人のためになる作業、思考をもって愚直に努力していれば、それはグーグルさんが評価してくれるって事なわけですね。

 

ちなみに私が最近アフィリエイト作業中に考えていることは、今度神社にいってお守り買ってこようかなーとかです(笑)

もうすぐパンダアップデートやペイデイローンアップデートがくるだろうから、私のサイトは飛ばさないで下さいお願いします・・・(ง `ω´)ง

 

そう、祈るんです。

お祈りを制する者はアフィリエイトを制するです。

わりと、まじです(笑)

 

他には、この見出しの付け方なら訪問者の皆にも何が言いたいのか伝わるかなーとか。

こんな書き出しを付け加えれば、もうちょっと興味を持って読んでくれるかなーとか。

ターゲットである〇〇な人であれば、きっとこんな体験談に共感してくれるかなーとか。

 

大好きな彼女にラブレターを送るんなら、こんな文章で書くかなとかですね。

プレゼントを上げたいけれど、もうちょっと後のタイミングで、しかもあの商品のほうが心にグっと来てくれるはず・・・!とかです。

 

結局人なんですよ、人。

グーグルさんが見てくれるわけではありませんし、検索エンジンが報酬をくれるわけじゃありません。

 

サイトに訪れてくれて、記事を読んでくれて、言いたいことが伝わって、筆者の私に共感してくれて。

信頼してくれて、やってみようかなって心を動かしてくれたら、それでいいわけです。

 

メンタリストのDAIGO的にいうと、心のスイッチをカチっを入れてあげるのが私達の仕事です。

情報を分かりやすく咀嚼して伝えて、疑問を払しょくして、共感してもらう。

信頼してもらえるように語尾などに気を付けて、最後はスイッチをカチっと入れるだけ。

 

簡単なお仕事ですよ!

難しいけど╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

オマニー